以前から何件ものGS750販売車両の相談がありましたが、
「販売出来るGS750は有りません。」と、その都度お断りをしてきました。

なぜならバイク販売店では無いので、他人が乗るオートバイの在庫を抱える訳がありませんよね。



さて。これまで私がレストアをこなしてきた何台かのGS750は基本的に自分。又は、熱烈なラブコール送ってくれた方達だけの車体をお預かりして半年〜1年で製作してきました。

しかし、
「より多くの方達がGS750に乗れば、私と世界観を共有方も増えるよな–」

「動くGS750が世の中に広まればメーカー純正部品の供給停止を阻止出来るかもしれないよな–」

「それどころかリーズナブルなカスタムパーツがもっと世の中に増えていくのではないか??」

と毎日のように一人ごとを言い、考え悩み抜いた挙句辿り着いた答えは、


「GS750のレストアコンプリート車両を販売してみよう!」



という事になりました。



そんな矢先、お隣の県に住むMさんよりGS750の車両購入の相談を受けました。

そしてMさんの為に用意したのはこちら。
GS750レストア生活史上初、記念すべきコンプリートカーの材料です。
IMG_7705
これを見て
「エー!」
と思ったあなたは無理もありません。
なにせバイクの原型がありませんからね。

でも数ヶ月後にはどこに乗って行って羨ましいがられるような特別なマシンとなります。



作業に先立ち、
気持ちの良いライディングを実現するには、緻密に測定され正確に修正されたフレームが必須となります。
IMG_7713





早速専門店にフレーム修正の依頼をかけました。
IMG_7714
このGS750は「RS-001K」と名付けます。
勿論これまでの私が携わったGS750の1号車から8号車までのスピリッツを継承し、信頼性や乗りやすさをさらに重視。

そしてこの「RS-001K」はその他一部内燃機加工などを除き、全て私の手によって作業していきます。